野田猫

微信公众号:nodaneko
瞎逼逼直播:3800880(b站)
本人汉化游戏全部原作者正版授权
禁止任何资源偷盗行为!

バッドエンド(桐立)

この神室町は何年ぶりなんだろう。

四代目だった桐生はもう一度この町を歩き始めた。

曇りのせいか、久しぶりの神室町は普段通り賑やかではなく、

薄暗く、口にできない哀愁が漂っているような雰囲気。

 

この町を心から拒んできた桐生は、

再びこの町の土地に足を踏んだ。

10年のムショ生活、また10年近くの奮闘生活を経て、

今落ち付いて暮らせる桐生は、

やっとあの人と過ごした、貴重な時間を、

あの短くて、切ない日々を、

じっくり味わうことができるようになった。

心が淀めば淀むほど、記憶の底に大事にしまっておいた、

あの懐かしく愛おしい姿が、

目の前に近づいてくる。

呼びかけられるように、「会いたい」という気持ちに駆使されて、

ここに戻ってしまった。

 

高層ビルの森、

虫のように走っている車、

蜂の群れと同然の人群れ、

長年の歳月により、

眉間の皴が一層深めた桐生は、

ただ静かにそれらの光景を目に収める。

 

両手をポケットにしながら、

回りの人混みと全く違う歩調で、町を徘徊していく。

気が付いたら、

昔の「空の一坪」まで足を運んでしまった。

ここも、だいぶ昔から立派な高層ビルになってると聞いたが、

実際に見たらその立派さを実感した桐生が、

思わずに目を細めた。

 

「ねぇ、あんた、ずっとここを見守ってるんだろうな。」

見上げる桐生が小声でつぶやいた。

佇んでいて、見慣れぬ建物を見上げた。

パタっ、パタ。一粒、二粒。

空から涙が降ってくる。

そう、あれは空の涙だ。俺のじゃねぇ。きっと。

顔、髪、そして服まで濡れても、桐生は動こうとする気にはなれなかった。

 

 

 

 

ここに選択肢が出る

→   離れる(bad end 1)

          ここに居続ける(bad end ? 2)

 

→ 離れるBad End 1

雨がますます激しくなってきた。

桐生は目を閉じて、

その場を離れ、隣にある小さなカフェーに入った。

適当に一杯のホットカフェーを注文して、うっかりして窓辺の席に腰をおろした。

マッグを手に取り、外の雨を無意識に見ている桐生の耳に、

店内が流れている音楽が入ってきた。

桐生の視界は、

どんどんカフェーのガラスのように、

雲って何も見えなくなる。

——

最期に君が微笑んで
真っすぐに差し出したものは
ただあまりに綺麗すぎて
こらえきれず涙溢れた

あの日きっとふたりは愛に触れた

私達は探し合って
時に自分を見失って
やがて見つけ合ったのなら
どんな結末が待っていても
運命と呼ぶ以外他にはない

君が旅立ったあの空に
優しく私を照らす星が光った

側にいて、愛する人

時を超えて形を変えて
ふたりまだ見ぬ未来がここに
ねえこんなにも残ってるから

信じて、愛する人

私の中で君は生きる
だからこれから先もずっと
サヨナラなんて言わない

あの日きっとふたりは愛に触れた

——BY 「Heaven」 浜崎あゆみ 2006

 

→ ここに居続ける(bad end ? 2)

突然、後ろからビルの中へと走ってきた誰かにぶつかられ、力抜いた桐生は地面に転んでしまった。

立ち上げる気すらない桐生は、ただ呆然に地面を見つめている。

立華の柔らかな微笑み、薄紅な唇、落ち付いた声、温度の低めた肌、白皙で整った顔、決別の時の目つき、最後の最後に自分に対する未練がましい瞳、走馬灯のように桐生の脳内で回っている。

忘却しかけるはずだったのに、相変わらず鮮明だった。

ほころばせる顔も、顰める顔も、綺麗で、愛おしくて。

けど、どんなに手を伸ばしても、届かない。

またあの時の俺に戻っちまったなのか、と、桐生の全身に膨大な無力感が襲い掛かってきた。

雨は容赦なく彼の体に激しく打っている。

苦い味が彼の口に広げる。

手が無意識にこぶしとなり、桐生は深い悔しさをかみつけながら、無声であの名前を何度も口にした。

 

その時、上から、穏やかで優しい声がかけられた。

「大丈夫ですか?風邪をひきますよ。」

水面にシルエットが映っている。

視線を上げれば、

いつの間にか、黒い傘をさす一人の青年が、目の前に立っている。

そして、肌白い片手を伸ばしてきた。

 

曇っている桐生の目に映った、エレガントなスーツ姿。

その微笑んだ黒い瞳のやさしさ、とても懐かしく思えた。

 

まるでタイムスリップのような一幕。

 

どう生まれ変わっても、

出逢う運命であると、

信じ始めた。

——

All of little something, these are our memories

You make me cry

Make me smile

Make me feel that love is true

You always stand by my side

I don't want to say goodbye

Thank you for all the love you always give to me

——By 「Little Love」 2008


评论

热度(3)